BMW ENET (Ethernet to OBD) Interface Cable E-SYS ICOM Coding F-Series

SF167

新規商品

F シリーズをコーディングされて BMW (OBD にイーサネット) インターフェイス ケーブル E SYS アイコム

More details

9998 Items

16,99 € 税込

-6,00 €

22,99 € 税込

詳細情報


F シリーズをコーディングされて BMW (OBD にイーサネット) インターフェイス ケーブル E SYS アイコム

BMW_E-SYS_ENET のパスワード:

 
V50.2 抽出パスワード: SQnd$ CXL ピン: 2670
V50.3 抽出パスワード: E*G@rqVa ピン: 2670

BMW ENET (Ethernet to OBD) Interface Cable E-SYS ICOM Coding F-Series
 
製品紹介
 
BMW シリーズ シングル モジュール プログラミングまたはされてデータ線を非表示モジュール
BMW は、されてデータ ケーブル、F シリーズのプログラミング ケーブル、最新 ESYS 3.22.5 および V49.4 データに隠されました。
BMW F シリーズ、新 1 シリーズ、3 シリーズ、5 シリーズ、7 シリーズ、GT、X3、ブラシの隠された高級プログラミング ライン 』 発売!
購入する私たちのされてピンと ETOKEN E SYS 3.225 ソフトウェア インストール パッケージに線が表示されます。
この製品は、シールドの干渉、信号伝送、本当に純粋な銅線、緑の絶縁、他のラインに匹敵する超六つライン トップ国際を使用します。

bmw enet ethernet to obd interface cable e sys icom coding f series 2
bmw enet ethernet to obd interface cable e sys icom coding f series 3

 
 
製品の機能
 
1 つは、モジュールまたはプログラム単一モジュールを隠すことができます。
 
1. ロック アンロック音確認 (電波干渉を防ぐためには、車がロックされていることを確認するサウンドを追加するときに光確認が不便。これは cic での設定)
2. 動作 (安全運転の運転するときに dvd を見てを含むナビゲーション メニュー。ナビゲーション メニューを操作側ドライバーを許可しなさい)
エンジンの出力、トルク メーター (純粋な楽しみ、見てエンジン出力) を表示します。
4. キャンセル確認画面大画面起動遅延
5. 音声認識機能を開く
6. 3 種類の bluetooth の携帯電話着メロ (パーソナリティのみ)
7. 50 cic メモリ アドレスの昇順
8. ガラスが自動的にトップに上がる車のドア (ウィンドウの待機を閉じるに下車しやすい) によってプロセスが終了しません。
9. デジタル速度表示 (楽しいのみ)
10. 最後のメモリのエアコン オフの状態 (なしエアコン シーズンはより便利です)
11 最後の屋内サイクリング思い出時間 state、エンジンをオフ
12 A ピラー電動テールゲート ボタンとリモコン電源テールゲートを閉じるためのキー。いつでも終了する逆の操作 (15 分以上オフにリセット)
13. シフトを増やすのパドルします。
14. 大画面ディスプレイに小さな画面を変更します。
15. Pdc 表示垂直方向と水平方向
16. シートベルト ステータス表示 - 助手席を無効にします。
17. シートベルト ステータス表示 - 運転席を無効にします。
18. シートベルト アラーム間違いを無効にする!リンクは無効です。デバイス - 助手席
19. シートベルト アラーム - ドライビング ポジションを無効にします。
20 障害者のシートベルト音声プロンプト - 助手席を外す
21 障害者運転位置 - 自分のシートベルト音声プロンプトを外す
22. 交差車両ハイビーム自動制御 (テスト条件ありません。それが有効かわからない)
23 天使の目を開き、機能キャンセル
エンジン スタート ストップの機能がデフォルトでオンにオフに 24
25 gps 時刻同期
26 足背面カバーを開く
27 ds s1 s7 選択項目を表示します。
28 アクティブ スポーツ ギアボックス プログラム スポーツ +
29 シングル マイクの設定
30 エンジンは自動的にロックを解除します。
31 インターネット アプリケーション
32 アームレスト usb 再生ビデオ
33 の最大距離は、フロント カメラのビューを無効にします。
34 最大distance to disable the rear camera view
35 Maximum speed disable front camera view
36 The maximum speed to disable the rear camera view

bmw enet ethernet to obd interface cable e sys icom coding f series 5


How to install E-sys & EDIABAS, EST token, paszdata for BMW F series coding

This is the instruction on how to install E-sys & EDIABAS, EST token, paszdata for BMW F series coding with されて (OBD にイーサネット) インターフェイス


-
インストール E SYS & EDIABAS
------------------------------------------------------------------------------------------------
01) 実行"E-sysE-Sys_Setup_3_22_5_b34057.exe"プログラムを既定の場所にインストールする"C:EC-AppsESG"(つまり"C:EC-AppsESGE-Sys")
 
02) が表示されたら、E Sys のインストール中に"C:ESysData"を"C:Data"からは、既定のデータ パスを変更します。<スパン/>
 
03) コピー"EDIABAS"フォルダー「c:」(つまり"C:EDIABAS") のルートに
 
04) 実行"C:EDIABASHardwareEdiabas-KonfiguratorEdiabas-Konfigurator.exe"確認"インターフェイス:"に設定されている"インターフェイス = されて」。
 
(それが既に設定、チェックがとにかく - それを変更、ドロップ ダウン リストを使用して、"INT を選択する必要がある場合ERFACE = されて"、"Andern"と「エンデ」し)。

---------------------------------------------------------------------------------------------------- <スパン/>
インストール E SYS EST トークン 強い >(含まれていない)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
-05) サブフォルダー"E Sys EST"の下に作成"C:ESysData"(つまり"C:ESysDataE-Sys 米国東部標準時刻」)
 
06) コピー EST トークン ファイル (例えば「コード Away.EST」)"E Sys EST"フォルダーに (すなわち"C:ESysDataE-Sys ESTCode Away.EST")
 
* 注: E SYS EST トークンが含まれていないと SEPE を取得する必要があります。その間の。

---------------------------------------------------------------------------------------------------- <スパン/>
インストール PSdZData 強い >(含まれていない)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
07)"C:ESysData"(つまり"C:ESysDatapsdzdata") の既存の"psdzdata"フォルダーが存在する場合は、それを削除します。
 
08) コピー ダウンロード"psdzdata"フォルダー"C:ESysData"(つまり"C:ESysDatapsdzdata")
 
09) 作ること"Dist"フォルダーにある各シャーシ フォルダー (F01/F10/F20/F25/K001/RR01) などを確認します。< スパn 個のスタイル ="色: #141414;"> (例:"C:ESysDatapsdzdatamainseriesF010F010_12_03_511odxdist")
 
(する必要があります既にあること設定、しかし、とにかく - チェックしない場合-シャーシの各フォルダーの空の"Dist"フォルダーを作成)
 
* 注: E SYS PSdZData は含まれていません、別途取得する必要があります。
 


E システム セットアップし、トークンを任意の場所にコピー

どこでも、トークンをコピーできますが、Bmw E-システム設定に移動し、それをポイントする必要があります。
(注ステップ 9) を書いた詳細な手順は次のとおりです。

01) 実行するプログラムをインストールする"E Sys_Setup.exe""C:EC-AppsESGE-SysE-Sys.exe"(要求された場合、インストールのパスワードは"lo8F3lsVVg")

02) コピー"EDIABAS"フォルダー"C:EDIABAS"に

03) インターフェイスに必ず"C:EDIABASBinEDIABAS.INI"を設定する = されて
(既に設定すべきチェックがとにかく)

04) コピー"e sys est"フォルダーに"C:ESysDatae-sys 米国東部標準時刻」

05)「C:ESysData psdzdatafolders_1-7」にすべての"psdzdata"サブフォルダー (すべて 7 フォルダー) のコピーします。

06) のシャーシ (F01/F10/F25) フォルダーなどに"Dist"フォルダーがあることを確認します。
(例:"C:ESysDatapsdzdatamainseriesF010F010_12_03_5 11odxdist")
(する必要があります設定、しかし、とにかく - チェックしない場合-空"Dist"フォルダーを作成する)

07) 電源車の補助電源オン (エンジン Off) と OBDII されてインタ フェース ケーブルと一緒に車に接続を作成する
(ネットワーク アダプターのアイコン上に黄色の感嘆符との接続が表示されるまで数分待ってから)

08) 打ち上げ"C: EDIABASHardwareENETZGW_SEARCH.exe「ケーブルおよび接続が動作していることを確認する
(IP アドレス、MAC アドレスと VIN が表示されます車に実際の通信を確認する)
(ZGW_SEARCH.exe は、64 ビットの Windows ZGW_SEARCH ウィンドウが空白の場合は必ずしも問題に断続的に
コンピューターの有線のネットワーク アダプター、車からコンピューターに割り当てられた IP アドレスが表示される限り)

09) 実行"C: EC AppsESGE-SysE Sys.exe」(E Sys がかかりますログ ファイルの書き込み中) とオプションの下に、設定:
ODX タブ上の"C:ESysDataRules"に ODX ルール パスを設定
米国東部標準時刻タブで開発者ソフト トークン米国東部標準時刻パスを設定"C:ESysDatae-sys estCode Away.est"
プログラム タブでは、設定ディレクトリ - C:ESysData へのデータ パス

10) E Sys の接続ボタンを押す

更新対象車両 (例: TargetSelector: プロジェクト F010-12-03-511 m VehicleInfo を = = F010)

11) VIN、経由で接続を選択し、[接続] をクリックして
(ウィンドウが正常に接続を確認するポップアップ)
(プログラム ウィルl は、将来の接続の VIN で「接続」を覚えている)

12) 後車に接続して、E-システムを起動および読み取り/初めて、ECU をコードするたびに必要になります E Sys ピン 2690 であります。

 

パッケージのリスト:
 
1 個 x BMW されて (OBD にイーサネット) インタ フェース ケーブル